ゆるシェパと歩こう

これでもジャーマンシェパード!エース&ディープ!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WarHorse ~戦火の馬~

今日は渋谷まで行ってきました。

これを観に行くために久々に都会へ進出です。
DSC_0016.jpg
6月のある日、テレビを見ていたらこの舞台のメイキング映像をやっていたんです。

舞台を観たことがないルーぱぱは、チケットの値段に驚いていましたが

これは絶対観なければ!と思い、即チケットを購入しました。

日本初来日での上演。もしかしたら2度と日本では観れないかもしれない

舞台です。しかも馬が出てくる!

チケット購入時から興奮状態でした。

物語は第一次世界大戦の頃のイギリス。

やがて軍用馬として戦場へ連れて行かれる馬ジョーイと

ジョーイの飼い主である農家の少年アルバートとの深い絆の物語。

馬と少年が主役・・・馬と・・・少年ですよ。

舞台の上で本物の馬を使うわけがなく、その馬として登場したのが

パペットの馬。

もうその馬が本物にしか見えなくて・・・・

この感動は言葉では伝えられません。とにかく最初から胸にこみ上げるものが

ありました。

今まで色々な舞台を観てきたルーままですが、こんなに素晴らしい舞台は

初めてかも・・・

スピルバーグ監督の映画版も良かったのですが、映画より感動が大きかったです。

あっ、この舞台はすべて英語です。字幕も出ていましたが、内容は大体わかっていたので

ほとんど字幕は読まず、パペットの馬の動きに夢中なルーままだったのであります。

馬のしぐさや息使い、耳の動きや走り方・・・すべてが本物でした~

アンコールでは、鳴りやまない拍手に何度も応えてくれた俳優さんたち。
DSC_0014.jpg
アンコールではカメラ撮影もOK☆
DSC_0013.jpg

戦争で犠牲になったのは人間だけではなく

動物もたくさん犠牲になったそうです。

戦場に送られた馬は約100万頭。

その中で、無事に帰ってこれた馬はわずか2万5000頭だったそうです。

この物語では、ジョーイは少年と共に我が家へ戻りますが

ジョーイのように戻れた馬は奇跡に近かったんだそうです。

終戦記念日のこの日。

偶然ではありましたが、ますます平和を願わずにはいられない日となりました。

*****  ****** *****

渋谷といえば・・・
DSC_0017.jpg
やっぱりハチ公にも会っていかないとね☆
スポンサーサイト

| 日常 | 23:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラスの子

いつものように会社から戻ると、近所の旦那様方が立ち話していました。

奥様方の立ち話はよくあることですけど、この日は旦那様方。

何かあったのかしら?と問い合わせると、カラスの子がいると言うのです。

どこどこどこ~?と見ると、我が家とお隣りの間にいました。
DSC_3939.jpg
子供といっても結構でかい。でもまだ産毛が残っています。

こうしてみるとカラスも可愛いな~

どうやらこの子、裏の公園から歩いて迷いこんで来たようです。

っていうのも、まだ飛べないらしい・・・

そこで近所の旦那様が公園へ返してあげようとしていたらしいのですが

この子に近づくと、親のカラスが攻撃してきたんだそうです。

親のカラスだけじゃなく、仲間たちまで集まってきて空が一瞬真っ黒になるぐらいだったんですって。

こ、怖い・・・映画の世界じゃ。

どうしたもんか考えている時にルーままが帰っていたというわけです。

おまわりさんも来ました。でも、危険だからと結局何もしないで帰りましたのよ。

で、どうしたかって?

ここは期待のルーぱぱ。しばらくして会社から帰ってきました。

「ワシに任せんしゃい」  さすがルーぱぱ。

誰も近づけなかった子カラスを親元へ返すため、万が一、親カラスの襲撃にも耐えられるよう

フルフェィスのヘルメットに革ジャン、皮手袋をして子カラスを抱き上げて移動し始めたんです。

抱き上げた瞬間、子カラスは「ギャ~ギャ~」絶叫!!!

その声を聞いた親カラスたちがあっという間に集まってきて、ルーぱぱを

追いかけていきました。

さすがに危険を感じたルーぱぱ。

背中を向けると襲ってくるらしく、後ろ向きになって親カラスと向き合いながら

近くの神社に子カラスを連れて行きました。

子カラスを手放した後も、根に持ったカラスが上から偵察していました。

カラスは頭が良いので、私達を覚えていて仕返しされるかもしれないと

ルーぱぱはそのカラスをおっぱらってから家に入ってきました。

汗だくになって子カラスを戻したルーぱぱ。素晴らしい勇気です!

「怨まれるよりむしろ感謝してほしい」とルーぱぱ。

ほんとにその通りなんですけど・・・

次の日、何故か我が家の玄関先にカラスの羽が一枚落ちていました。

こ、これってお礼の品?

お、恐ろしい・・・

| 日常 | 00:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年の始まり

明けましておめでとうございます

昨年はブログの更新も中途半端なまま年が明けてしまいました。

今年もきっとグダグダなブログになると思いますが、細々と続けて行きたいと

思います。

そんなルーク家ですが、今年もよろしくお願いいたします☆


今年は元旦からエース達を洗い、両方の実家にお邪魔し、上の娘夫婦を自宅まで送ったりと

まぁ忙しいこと!あっ、普通に洗濯もしました(笑)

分刻みで動いていた元旦。こんな新年もありかな♪



でも、少しでもお正月だ~気分が味わいたくて2日には行ってきました!初詣♪

*****柴又帝釈天*****

日中は大勢の人で賑わっているので、あえて人手を避けるため遅めの時間に行きました。

するとこんなにガラガラ~♪
DSC_3812.jpg
お店もみんな閉まっていましたが、エース達と来るにはこの方が都合が良い♪

どうせ犬連れでお店には入れないのですから・・・
DSC_3816.jpg
今年はどんな年になるのか・・・

きっとまた忙しい一年になることには違いありません。

仕事もまだまだ続けないと・・・

そんな中でも毎日楽しく、健康で過ごせたらいいなと思っています。

| 日常 | 17:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科へ ~とれっきんぐ?~

ようやっとドキドキ感から解放されたルーク家&ラムまま。

ラムぱぱはジワジワと「楽しくなってきた~」らしく

この時点で満足感一杯なルーク家。

でも旅行はこれからが本番なんですよ。


蓼科には何度か訪れているラム家。ってことで行き先はすべてお任せ♪

最初に着いた場所は・・・
IMG_3862.jpg
以前から気になっていた所なんだそうです。

ここでトレッキングしよう!との事。

初心者には嬉しい一周約30分の距離と書いてあります。

蓼科に来るたびにトレッキングしているラム家。

この場所は初めてらしいけど、トレッキングに慣れているラム家と一緒だし

歩くことに慣れていないルーク家も、このぐらいの距離なら・・・

と着いていくことにしました。

「山をナメちゃいけない」というラムぱぱに従いながら・・・

その通りですよ。山には危険が一杯ですから・・・

ルーク家、着いて行けるでしょうか・・・・
IMG_3860.jpg
山の中は落ち葉のじゅうたんでフカフカ♪

道は狭いけどこれなら行けるかな?と余裕の記念撮影。
IMG_3863_201312151938348d4.jpg
どんどん進んでいくと沢らしき場所が!!!

それを見たエースはまたもや暴走(汗)真冬ですぞ(怒)

もちろんエースはこの後ルーぱぱに取り押さえられました。
IMG_3867.jpg
更にデンジャラスゾーンへと進みます。
IMG_3878.jpg
道はどんどん狭くなる。もう少しで折り返し地点?

不安になりながらもラムちゃんの笑顔で癒されます。
IMG_3881.jpg
自然も満喫しています。
IMG_3886.jpg
でもね、一歩間違えれば転げ落ちるような場所なんですよ。

この道で合ってる?なんて思いながら道なき道を進むラム家&ルーク家。

そうこう進むうちに本当に道がなくなってしまいました(汗)

まさかこの上の方にちゃんとした道があるんじゃなかろうか?

・・・・・

その予感は見事に命中☆

歩きやすい道があるではないですか~(笑)

我々は軽く遭難しかかりました(笑)

めちゃめちゃ危険な斜面を歩いておりました(笑)

最初にラムぱぱが言っていた言葉を思い出しました。

「山をナメちゃいけない」

ヒヤヒヤしたトレッキングを体験したルーク家であります(爆)

ようやく広い道で弾けるワンズ☆
IMG_3898.jpg
思いっきり走れや~
IMG_3906.jpg
刺激的な旅はまだまだ続きます☆



| 日常 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スプリンターズステークス

秋競馬が始まり、中山競馬場でGⅠレースがあった9月の終わりの日曜日のことです。

何年かぶりに競馬を観に行ってきました。

車だと競馬場周辺が渋滞して時間がかかるので、125CCのスクーターで二人乗りして(笑)

我が家からは15分ぐらいの距離です。

ルーぱぱは競馬場に来るのは初めて☆
IMG_3521.jpg
まずはパドック見学。
DSC_0249.jpg
間近でおんまさんが見れるパドックは競馬ファンだけではなく、おんまさん好きにもたまりません☆

競走馬のピカピカつやつやの馬体には惚れ惚れしますな~

こんな方も間近で見れましたよ。

【武 豊騎手】

競馬を知らない人でもこの方の名前は皆さん知ってますね。

つい最近も、フランスの凱旋門賞でキズナとコンビを組んで4着に!

来年も頑張ってほしいです。
IMG_3548.jpg
この日のメインは【スプリンターズステークス】

1200メートルの短距離を競うレースでした。

最近の競走馬は全く分からないルーまま。

このレースの一番人気がどの馬なのかも知らないまま来てますから(笑)

そこで競馬新聞を買い、ゼッケンを見ながら確認しました。

この子がこの日のメインレースの一番人気馬。【ロードカナロア】
IMG_3582.jpg
なんだかおっとりした顔してますけど大丈夫かしらん?なんて思ったりしてました。

おんまさんたちがしているメンコもカラフルで可愛い☆
IMG_3574.jpg
馬なのに虎柄?
IMG_3585.jpg
競馬の結果は最後の最後までわかりません。生き物ですし・・・

とにかく怪我がなく無事に完走してくれればいいな~と思うだけです。

真剣に勝負している人からしたらアホなことぬかすな~と言われそうですけどね(汗)

そうそう。こんな野球選手&芸能人夫妻もいました。

パドックの真ん中にいるってことは馬主?なのね。新聞見たら書いてあった(笑)
IMG_3590.jpg
レースが始まる時間に合わせてコースに移動しました。

GⅠレースだけあって盛り上がりは最高潮!
IMG_3592.jpg
先導馬のおんまさんたち。かっこえ~わ~
IMG_3613.jpg
いよいよおんまさんたちの入場です。

やっぱり気になるところは人気ナンバーワンのこの子。
IMG_3601_20131020173453429.jpg
パドックで見るより気合も入ってやる気がみなぎってますね。
IMG_3603.jpg
う~ん。素敵☆
IMG_3606.jpg
さぁ!レースの始まりです!
IMG_3615.jpg
もう競馬ファンなら結果はご存知でしょう・・・
IMG_3619.jpg
期待を裏切らず☆ロードカナロア見事に1着でゴールイン♪
IMG_3620.jpg
素晴らしい走りを間近で見れて楽しかったな~

綺麗なおんまさんの写真も撮れて満足☆

乗馬で優雅なおんまさんの姿も好きだけど、全力で走るおんまさんの姿にも感動するルーままでした。


【忘れられない名馬】

競馬場内に飾ってあった写真。
DSC_0251.jpg
3度の骨折を乗り越えて有馬記念で優勝。奇跡の復活。

有終の美を飾り競走馬を引退したトウカイテイー。

素晴らしい成績を沢山残した名馬。

2013年8月30日。急性心不全で亡くなったそうです。

25歳。

とても美しい名馬でした。

献花台の上には、ファンの方からの花でいっぱいでした。


| 日常 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。